不動産担保の「おまとめローン」のデメリットとは

不動産担保のおまとめローン審査は低金利で高額の借り入れを行えますが、デメリットもあるので利用には注意が必要です。最大のデメリットと言えるのが借りたお金を返済できなくなったときで、不動産を守れません。自己破産以外の債務整理で対応すれば財産を守れるように思えますが、不動産担保のおまとめローンは債権者に抵当権があるため、これを売却する権利があります。不動産を手放さずに債務整理を行おうとしても債権者が交渉に応じないため、返済の見込みがない状態で住んでいる家を担保にするのは危険です。
不動産担保のおまとめローンはすぐに融資を受けられない点もデメリットになります。担保にした不動産の売却で返済できなくなっても貸し倒れが起きないようにするため、その不動産にどの程度の価値があるのか調べなければなりません。この時間が必要になるため、融資を受けられるまでに数日間はかかってしまい、即日融資はできません。
不動産担保のおまとめローンは手数料や登記費用などが発生し、借り入れ額が大きくなればこれも多くなるので、これらの費用も含めてまとめた方が良いのか比較しなければなりません。貸し倒れのリスクが低いのでローンの中では低金利になりますが、これと同等やそれ以下の金利のローンもあるため、これらをまとめてしまうと支払い総額が増えてしまうので注意します。
不動産担保のおまとめローンは繰り上げ返済の際に手数料が取られることがあります。繰り上げ返済で早めに元金を減らすつもりであれば、手数料の有無を確認してから申し込む必要があります。